岩盤浴に関するさまざまなこと

岩盤浴は、天然石や岩石を加工したベッドを利用した入浴方法です。天然石などのベッドを温めて、その上に横たわることで汗をかく入浴方法であり、サウナの一種に数えられています。岩盤浴のベッドは、温水や電熱線などを用いて温めます。
温めたベッドからは、遠赤外線が発生する効果があり、体の芯まで温める効果があります。

体の芯まで温まる理由は、遠赤外線の波長が長いためであり、体の奥まで浸透する効果があるからです。

遠赤外線で体を温めることで、自律神経やホルモンを活性化する効果があり、新陳代謝を促すことができます。


特に、代謝が高い肝臓を温める効果があり、体の代謝の機能を高めることができます。

池袋の岩盤浴について詳しく知りたいならこのサイトです。

体の代謝が高まることで、血流が良くなり、全身がポカポカします。

渋谷のヘッドスパの特徴をご紹介する情報です。

手足の先まで温める効果があり、冷え性を改善する効果もあります。

OKWaveに関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

また、体が温まることで、リラックスできる効果もあり、ストレスを発散する効果もあります。
岩盤浴は、2001年に、宮城県の気仙沼市で導入されて以降、東北や北海道を中心に広まっていきました。
その後、東京などの大都市圏でも広がっていき、全国的に認知されるものになりました。

岩盤浴は、糖尿病を改善する効果があることが分かっています。
岡山大学大学院保健学研究科によって、研究が報告されていて、糖尿病をはじめとする生活習慣病を改善できます。

その理由は、体が熱刺激されることで誘導された熱ショックタンパク質(HSP)が好作用することによるものであり、健康的な体をつくることができます。